観劇記録<De Monstruos y Prodigios>

メキシコの劇団。
スペイン語上演、オランダ語字幕。
もちろん言葉はわからない。
まあ、そういう状況は慣れてしまったので全く気にしない。

煌びやかな衣装、白馬の登場、オペラ調の歌ありと
内容はとても充実していた。

途中、一人の観客が突然、怒り始め、舞台に罵倒していた。
理由はまったくわからない。
一瞬騒然となったが、その後は、また普通に芝居が続けられた。
あれはなんだったのか?


--------------------
■日時 / 2008年06月13日 20時15分~
■団体 /Teatro de Ciertos Habitantes
■場所 / Stadsschouwburg Amsterdam
■タイトル / De Monstruos y Prodigios
■料金 / 20ユーロ
■上演時間 /1時間45分

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

murmure
2008年07月09日 22:15
こんにちは。初めてコメントします。
去年の8月からアムステルフェーンに住んでいる者です。

私もこの舞台見に行きました。
11日に見にいったんだけど、やっぱり客席から罵倒している人がいました。仕込みだったんですね…
その直後に舞台やら客席やらからパンが飛んできませんでした?
suzuken
2008年07月11日 14:34
murmureさま
コメントありがとうございます。

やっぱり演出だったんですね。
パン飛んできました。
それを食べてるお客さんも居ました。

あそこのシーンは、詳細を知りたかったですね~