思考<十年>

------------------------------------------------
職業に上下もなければ貴賤もない。
世のため人のために役立つことなら、何をしようと自由である。
しかしどうせやるなら覚悟を決めて十年やる。
すると二十からでも三十までにはひと仕事出来るものである。
それから十年本気でやる。
すると四十までに頭をあげるものだが、それでいい気にならずにまた十年頑張る。
すると、五十までには群をぬく。
しかし五十の声をきいた時には、大抵のものが息をぬくが、それがいけない。
「これからが仕上げだ」と、新しい気持ちでまた十年頑張る。
すると六十ともなれば、もう相当に実を結ぶだろう。
だが、月並の人間はこの辺で楽隠居がしたくなるが、それから十年頑張る。
すると、七十の祝は盛んにやってもらえるだろう。
しかし、それからまた、十年頑張る。
するとこのコースが一生で一番おもしろい。

森 信三
戦前・戦後を通じて、日本の教育界最大の人物である。常に実践を重んじ、実践から得た真理のみからその思想体系(全一学)を作り上げた。定年後、1年の半数以上を全国への公演行脚に費やし、膨大な著書を執筆した。
------------------------------------------------

舞台美術家になろうと考えてから今年で10年になる。
常に先ゆく不安を感じながらも、とりあえず、これからまた10年続けられそうだ。

いつ出会ったのか覚えていないけれど。森信三氏のこの言葉が私はとても好きである。

彼が言う。「このコースが一生で一番おもしろい。」を私は味わうことができるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント