<思考>私の発想法は?

そもそも舞台美術にもいろいろな表現方法があって、そして発想の仕方があって
彫刻寄りの人、建築、絵画、はたまた、役者出身や演出家で舞台美術をやる人などアプローチの仕方はそれぞれ違う。

もともと、私はグラフィックデザイン、イラストレーションがベースで最近やはりそこに立ち戻る事を考える。

大学時代、イラストを描いていて、こんな世界を実際に空間で表現したいな~と思った。
そして、それをいろいろな人と共有したいと思った。
イラスト→空間化→人との共有、そしてなんとなく舞台美術に辿りついた。

結局の所、私は建築などの専門知識はなく、演劇経験(俳優、演出など)もない。
だからそこからの発想ではどうしても乏しいものしか出てこない。


図面を描くフラストレーション。
図面を描く事はとても好きだれど、フラストレーション。
それだけでは満たされない。


今度やる舞台美術の仕事で、チラシのイラストも描く事になった。
ニール・サイモンの作品。
そのイラストを描きながら、不思議と舞台美術のアイデアへつながる気がした。

結局、私のベースはそこにあるのかもしれない。
だからこそ、自分のあるがままにもっともっと絵を描いていきたい。


画像





考えるデザイン 中島祥文・24のデザイン発想
美術出版社
中島 祥文

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

オリジナルジュエリー入門—テクニックの組み合わせによる発想と展開 (ジュエリー技法講座)
美術出版社

ユーザレビュー:
オリジナルジュエリー ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

富弘美術館コンセプトガイド 発想の展開
鹿島出版会

ユーザレビュー:
あくまで「コンセプト ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック