隠れたる超優良企業「劇団四季」

あるニュースより抜粋。
劇団四季は自分の関わっている劇団とは全く違うがこの記事には考えさせられるものがある。


――――――――――――――――――[2009. 12. 24/Thu]―――
★ 隠れたる超優良企業「劇団四季」
―――――――――――――――――――――――――――――

1953年、浅利慶太 氏ら10人で創立された劇団四季。昨年、創立55周年を迎え、
今や1100人越の劇団へと成長し、全国9つの専用劇場で年間約3500回もの上演を
数えます。

1967年に株式化するも非上場を貫き、売上高255億円/利益率15~20%/無借金
経営の超優良企業という側面も。

芸術である前にビジネスを目指した浅利氏。1959年から劇団改革に取り組み、
1960年には有限会社化して月給制を導入。協力者を探すうちに、東急グループ・
五島昇 社長と出会い「渋谷の映画館を改装して劇場に!」との提案は叶わず。
しかし、五島氏の口利きで、日比谷・日生劇場の開設に関わり、制作と営業担
当取締役に就任。

日生劇場の経営と劇団マネジメントを通じ、徐々に劇団四季のステータスを確
立していきます。当初、文学的要素が強い作品を上演するも、ニーズと合わな
い事を感じていた浅利氏。

ある時、子供たちのすさんだ心を豊かにしようと演じた四季の芝居に、子供達
は退屈して出て行ってしまいます。「これでは食べていけない、皆が喜ぶもの
は何か?」を考え辿り着いたのがミュージカル。

「裸の王様」の脚色演出は、子供達に大好評。それは、子供達に感動を届ける
「こころの劇場」プロジェクトへ繋がり、2007年:全国56都市・約25万人の子
供達を無料招待し、2008年:約40万人、2009年:約55万人と拡大。いじめ問題
のテーマ上演には「明日からいじめを止める」というメールが届いたと言いま
す。

そして大人にも見せられるミュージカルを模索する中、劇団30周年の時に出会
ったのが「CATS」。20年に一つあるかという完成度が高い作品だけに、高額ロ
イヤリティを支払うには、ロングラン上演が絶対条件。しかし長期契約できる
劇場が無く新宿に仮設劇場を作り、大型投資を抱えてしまいます。

浅利氏は「30年間、充分やってきたから、これでダメなら倒産しても構わない」
と決意。そして「CATS」は大ヒット、全国の商業施設からシャワー効果を狙っ
ての劇場誘致が増えます。

やがて収益体質も改善し、主役級の年収は3000万円超、俳優級は1000万円超、
端役でも300万円超となり、「舞台俳優=貧乏」からの脱却を果たします。

「これまでは外国製品を輸入してきました。これからは四季を輸出していきた
いですね。」と夢を語る浅利氏。







ライオン・キング ミュージカル
エイベックス・トラックス
劇団四季

ユーザレビュー:
とてもよいです毎日車 ...
劇場での感動をもう一 ...
舞台の「迫力・興奮・ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • limousine taxi

    Excerpt: 2007.8~2010.1limousine taxi2007.8品川のタワーマンションで会長に出会う2007.9入社。雑用、雑務いろいろやる2007.10携帯販売の仕事やらされる2007.11芸能プ.. Weblog: 出会いもアイデアひとつで racked: 2009-12-30 20:30