私の考えるscenic arts

私の考えるscenic arts

scenic arts もしくは scenography
シーン(場面)をデザインする仕事だと解釈している。
それは、いわゆる舞台美術やステージデザイン、映画美術なども含まれる。
または、インテリアデザイン、公共施設(公園など)のデザインもこれに含まれるかもしれない。

私は、scenic artsとは「ひと」「物語」「風景」を結びつける物であると考えている。


「ひと」 →これは人間である以上離れる事ができないテーマである。
「物語」→ひとには必ず物語がつきまとう。
「風景」→<ひと><物語>が<風景>と出会った時にそこにシーンが現れる

その三つをうまく融合し、デザインする事が私の仕事だと思っている。

またこの三つはscenographerとしての私の研究テーマでもある。

20110223


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック