健康<身体に優しい美味しいお酒の飲み方>

どうも食事中にお酒を摂ると良くないらしい。
これは自分の経験での話だ。

昔はビールを飲みながら食事をする事がよくあったが
そのような食事の摂り方をすると大体翌日、胃がもたれたり、お腹にガスが溜まったりしてしまう。

これはビールのせいかと思っていたが、どうも水分の摂り過ぎが問題のようだ。

ビールではなく、他のお酒でも、いや水でもお茶でも食事中に水分を摂りすぎると大体同じような症状が出る。
(私は医者ではないので医学的は事はわからないが、事実として私は食事中の水分の摂り過ぎで消化不良を起こす)

そのような原因に気付いてから、食事中に水分を摂る事をなるべく控えるようにしてみた。
特に夕食の時、仕事がない時でも夕食時にはビールやお酒は飲まないようにしてみた。

そうすると、やはり!胃もたれや翌日のお腹の張りがなくなるではないか。

さらに吸収力もあがるのか以前よりも食べる量は減っているのに、体重は少しずつ増えて来ている。


でもお酒はやはり好きで、飲む時は夕食の後1,2時間は置いてから頂くようにしている。
そしてお酒を飲む時は何も食べず、純粋にお酒の味と香りを楽しむ。
日本人は「お酒はつまみと一緒に」と思いがちだが、そんな事はない。
美味しいお酒は、お酒だけゆっくり嗜む方が実はその本質を味わえるのではないか。
(つまみがあったとしてもほんのわずかでいい。ほんの少し、文字通り"つまむ"程度がいい。)

この飲み方だと飲む量も少なくなるし、でもお酒をより深く楽しめる。

こういう場合は安い酒は駄目だ。
すぐわかる。
それだけを味わうからごまかしが効かない。
とても良いお酒でないと。
良いお酒は高いけれど、
でも結局、飲む量はとても少なくゆっくり味わえるので経済的かつ身体にも優しい。

そんなお酒の飲み方を知った今日この頃。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック