思考<ブログは日記ではない>

今日、帰りにEnglish book storeで、「アンネの日記」を購入した。
別に欲しかったわけではないのに、何故か買ってしまった。

実は、私はまだアムスにある「アンネの家」には行っていない。
妻から「日記を読んでから行った方がいいよ」と言われたのが、頭に残っているからか?

まだ行く気になれない。


それはさておき、「アンネの日記」を読んでいて感じた事がある。、
それは、ブログと日記とは、似ていながら全く非なる物だと言うこと。

ブログと言うのは、やはり第三者の目に触れる事を前提として書いている。
日記と言うよりも、大勢に向けてのメール、もしくは、掲示板と言った方がいいのかもしれない。


しかし、本当の日記は人に見せるために書いていない。

純粋に自分の感情に従って、偽りのない自分を表現している。
だからこそ、個人の本当の感情であったり、他人には知る事のできない事柄が描き出されていると思う。

私のブログも日記のようで、実は日記ではない。
私の本当の感情はここにはなく、ただ大勢に向けてのメールのような気持ちで書いているのかもしれない。
まあ、オランダで一人暮らしをしていて、それはそれで意味のある事だとは思うけれど、、。


それとは別に自分自身の本当の日記も書きたい!と「アンネの日記」を読みながら感じてしまった。

"思考<ブログは日記ではない>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント