気になる作品<ドイツ ローテンブルクの「窓」 >

ドイツ ローテンブルクの「窓」

その大きさも理由のひとつかもかもしれませんが
何というか、とても臨場感がある絵でした。

一歩前に進めばこの椅子に座れちゃいそうな感じ。
石のあたたかみと、窓の奥に誰か居そうな雰囲気。

目が奪われた絵のひとつです。
もう一回目の前にしたい絵。

画像

"気になる作品<ドイツ ローテンブルクの「窓」 >" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント