食<ルピシア100のお茶41-50>

A---定期的に飲みたい。とても好き。 B+→また飲みたい B→買ってまでは飲まない C---1回飲めば充分 D---淹れてもらってももう飲まない <41杯目>20141108 種子島松寿----私的好みB 袋には「バニラを思わせる甘い香り」とあったが、、、? おいしいが私にとってやはり煎茶だ。 <42杯目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食<ルピシア100のお茶31-40>

A---定期的に飲みたい。とても好き。 B+→また飲みたい B→買ってまでは飲まない C---1回飲めば充分 D---入れてもらってももう飲まない <31杯目>20141023 アールグレイ--------私的好みA アールグレイのベルガモットの香りも好きだし ベースのベースのキーマン茶もとても好き <32…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食<ルピシア100のお茶11-20>

ルピシアの The book of tea 100の感想 11-20 https://www.lupicia.com/bookoftea/ <11杯目>20141007 ディクサム-----私的好みA アッサム紅茶のスタンダード 普通にとても!おいしい。 この「普通においしい!」というのになかなか出会えないん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食<ルピシア100のお茶1-10>

ルピシアの The book of tea 100の感想 1-10 https://www.lupicia.com/bookoftea/ <1杯目>20140930 祁門紅茶 特級-----私的好みA チーモンホンツァー/キームンコウチャ トッキュウ スモーキーな味わいが、ウィスキーのラフロイグを思い出させる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々<珈琲を飲まなくなって>

珈琲を飲まなくなって2年くらいが経った。 正確に言うと飲めなくなった。 一昨年、胃腸の具合を壊してから飲めなくなった。 珈琲が直接の原因ではなかったのだが、身体が復調するまで2,3ヶ月控えていた。 ある時香りに誘われひとくち口にしたのだが、あまりの刺激の強さに全く身体が受け付けなくなっていた。 珈琲はむしろ好きな方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる散歩<滝野川・王子>

ちょっと仕事が早く終わったので板橋駅からぶらぶら歩きながら帰宅する事に。 北区や板橋付近は妙に田舎臭い。 滝野川アパート 私は団地の下にあるお店と言う物が大好きでなんだかワクワクしてしまう。 駅から離れお店などは周りにない。 遠くから歩いていると街路樹に隠れ、団地の下にあるお店は見えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々<合気道を続ける意味>

何で合気道をやっているのだろうと考える。 職業的に必要な訳ではない。 逆に、手首や指先を痛めると仕事に支障が出る事もある。 今日も稽古で口の中が切れて痛い、、アザや打ち身はしょっちゅうだ。 合気道は老若男女誰にでもでき比較的、安全かつ穏やかなイメージが(一般的には)ある。 しかし、段位を取ると急にその穏やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考々<日々を有効に使う為に>

日々、有効に使う為に。 いろいろやりたい事はあるけれど、思った通りに物事を行う事は難しい。 時間の使い方の本は様々あるけれど、結局は自分のスタイルと仕事に合わせた物でなければうまくいかない。 ----------------- <締め切り>・・・いつまでにやらないといけないと気持ち →よく言う事だ。確かにこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考々<体調不良の治し方>

体調不良の治し方 (自律神経失調症の治し方) 常々身体には気をつけていたつもりだったが、昨年の体調不良は本当にきつかった。 胃腸の不具合、胃痛、息苦しさなど、、、 2012年の秋頃から特に胃腸の具合が悪くなり、12月の末、胃痛がどうにも収まらず救急車で運ばれてしまった。 その後、人生で初めて胃カメラを飲み、ピロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人物<川瀬巴水>

川瀬 巴水(かわせ はすい、1883年(明治16年)5月18日 - 1957年(昭和32年)11月7日)は 日本の大正・昭和期の浮世絵師、版画家。本名は川瀬 文治郎(かわせ ぶんじろう) wikiより ---------------- 北斎も広重も好きだけれど、現代に近い川瀬 巴水もとても好きだ。 特別な場所ではない風景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考々<長時間座る事は本当に身体に悪いのか?>

今ではエコノミー症候群が知られるように、長時間座る事は身体に悪いと言う事が定説になっている。 でも、この定説が私の仕事を邪魔をする。 何故かと言えば、私の仕事は図面を描いたり絵を描いたり、、タタキ(製作)や劇場での仕込みを除けばほとんどがデスクワークだ。 その中で「1、2時間毎に立って身体を動かしましょう!」という考えがとても煩わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本<ピアノ講師の仕事術: 音大では教えない7つのこと>

『ピアノ講師の仕事術: 音大では教えない7つのこと』 藤 拓弘/著 音楽之友社 (2012/8/2) --------------------------- 何となく手に取った本。立ち読みしていたら引き込まれて買ってしまった。 これはピアノ講師の本というよりも、全てに通じる仕事術のような気がする。 これを自分の美術の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本<負けを生かす技術>

『負けを生かす技術』 著/為末 大 ----------------- 最近、スポーツ選手の本がとても気になる。 野球選手、サッカー選手、格闘家、、、 走ると言う事に対して、陸上選手がどのような事を考えているのか。 どんな事でも続ける事は大変な事。 "ただ走る"だけと言っては失礼だが、だからこそそこには哲学の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more